Talknote

Talknoteでできること

Talknote概要
引用元:Talknote公式サイト
https://talknote.com/

企業のコミュニケーションを活発にさせることで、従業員が積極的に働きはじめる環境づくり。それが「Talknote」のコンセプトと言えるでしょう。コミュニケーションツールをメインにした業務効率化ツールとして、シンプルに3つの画面によって機能するTalknoteには、グループ、メッセージ、タスク管理という機能が揃っています。メールが煩雑なえてして煩雑になりがちな昨今、圧倒的なスピーディーさでやりとりができるTalknoteのようなツールは、生産性の向上に関わります。

またコミュニケーションだけでなく、タスク画面を開けば、業務を依頼した相手や期限などを管理することが可能。まだ完了していない業務については、自動通知機能によって作業の漏れを防ぐこともできます。

ツールの特徴まとめ

引用元:youtube
https://www.youtube.com/watch?v=TSGPy_M-Syk

Talknoteにおけるコミュニケーションのスタイルは、シンプルに3つ。関連する複数のメンバーに情報を共有するグループ、対面で話しているようなスピード感があるメッセージ、そして業務管理に便利なタスクです。

無駄な機能がないために、シンプルに使いやすい。これもまた、Takenoteのメリットでしょう。

Talknoteのコンセプトは、「ビジネスシーンの課題にはコミュニケーション不足があり、これを解消する」というもの。人材の確保や過重労働、成果が上がらない仕事といった問題の根底には、意識を共有して働くことができない環境があります。メール文化によってコミュニケーションを引き出せない企業にとって、Takenoteは気づきやポジティブな情報などを与えてくれるのです。

開発会社について

「Talknote」を開発したのは、2010年に設立された「Talknote株式会社」です。飲食や製造、医療といった幅広い分野で、およそ1,000社にものぼる導入実績があるTalknoteが、メインの事業。利用者数が着実にのびている注目の企業です。

Talknoteの評判

実際に「Talknote」を導入した企業の口コミをみてみましょう。下記は、ある企業の情報通信業者の社員の評判です。

キャラクターアイコン

シンプルに使うことができる業務用のSNS、というところでしょうか。チャットやメッセージの機能に加えて、作業内容の漏れを防げるツールです。社内の登録者が全員確認できる「全社スレッド」も作成できますので、使い分けが便利です。

チーム内での意思疎通や作業の履歴確認を行いやすくなったため、チーム作業の認識の齟齬を減らすことに成功しました。

参照元:ITrevie https://www.itreview.jp/products/talknote/reviews

導入実績は1000社ほど。まだまだ成長途中とも言える「Talknote」ですが、シンプルながら機能性の高さは完成されているとも言えます。無駄な機能がないビジネスツールを探しているのであれば、おすすめの業務効率化ツールです。

特にクリエイティブ業務のコストを削減したい方へ 製作コストを圧縮 おすすめの業務効率化ツール 詳しくはこちら特にクリエイティブ業務のコストを削減したい方へ 製作コストを圧縮 おすすめの業務効率化ツール 詳しくはこちら

特にクリエイティブ業務のコストを削減したい方へ 製作コストを圧縮 おすすめの業務効率化ツール 詳しくはこちら

特にクリエイティブ業務のコストを削減したい方へ 製作コストを圧縮 おすすめの業務効率化ツール 詳しくはこちら