社内研修の効率化ツール

研修を効率化させる3つのソリューション

スケジュール調整や研修資料の作成、講師の研修準備など、多くの労力が伴う社内研修。担当者の負担が大きい研修を効率化するためには、どうすればよいのでしょうか?

今回は研修を効率化させる3つのソリューションを紹介します。

社内wikiで情報共有を効率化
「Confluence(コンフルエンス)」

コンフルエンス公式サイト
引用元:Confluence
https://www.atlassian.com/ja/software/confluence

Confluenceは社内wikiを設置することができる情報共有ツールです。

社内wikiとは、社内の知識・情報を共有できるツールのこと。

だれでもアクセスでき、最新の情報を閲覧できるため、何度も研修を行って社員教育をする手間が省けます。

ドキュメントを作成して社員に通知すれば、あとは社員が自分で情報を確認可能。

コメントによる議論や、「ウォッチ」と呼ばれる機能によって、情報が更新されたときに通知が来るように設定できるなど、使いやすいのが魅力です。

研修を動画で配信「Teachme Biz」

ティーチミービズ公式サイト
引用元:Teachme Biz
https://biz.teachme.jp/

画像・動画・テキストを使って分かりやすいマニュアルを作成できるのがTeachme Bizです。

社員が自分でマニュアルを見て自習できる環境を整えることができます。

文字ベースではないため、業務内容を直感的に学ぶことが可能。マニュアルの閲覧数などから、よく見られているマニュアルの分析も行えます。

飲食店を経営する会社は最新メニューのレシピをTeachme Bizを使って共有することにより、研修コストの削減に成功しています。

運営者の準備を効率化「Dojo」

ドージョー概要
引用元:Dojo
https://www.tepss.com/about/

マニュアル作成ソリューションであるDojoは、研修準備の大きな時間短縮を可能とします。

eラーニング教材の作成も可能で、社員教育にかかるコストを削減できるばかりでなく、高品質な教材づくりに大いに貢献します。

社内資料のフォーマットが統一されるという副次的効果も。

Dojoによってeラーニング教材を作成することで、1800万円の研修コスト削減に成功した会社もあります。

まとめ:システム化の徹底で研修の効率化を図る

キャラクターアイコン

理解度や経験が異なるすべての社員に対して、効率的に研修を行っていくのは大変な労力です。

ツールによる情報共有システムや社内wiki、研修システムを確立していくことで、研修の属人化を防ぐことができ、高品質な社員教育を施すことができます。

新しいソリューションを活かし、社員がスムーズに業務を理解できる環境を整えましょう。

働き方改革、どこから攻める?
効果が見える業務効率化ツールの
選び方

業務の「削れる」ムダを効率化させる4つの業務効率化ツール
事務処理・資料作成を効率化
Excel業務効率化ツール「xoBlos」

データの分解・集計・マッチングを行うツールで、エクセルで行う業務のほぼすべてをシンプルな記述で効率化できる。定期セミナーも毎週開催。

一括集計で月120時間削減
公式HPで導入事例を見る

電話で問い合わせる
(DITマーケティングサービス)
受付時間:平日9時-18時

社内ミーティングを効率化
会議支援端末+専用アプリ「Eco Meeting」

タブレット向けの専用アプリ導入で資料のペーパーレス化や意思決定をアプリ上で行える。 MTG進行のムダをツールでカバー。

産学官のケースが豊富
公式HPで導入事例を見る

電話で問い合わせる
(株式会社エステック)

研修を効率化
マニュアル作成ツール「Dojo」

「誰が作っても高品質」を目指したマニュアル作成のプラットフォーム。eラーニングへの転換も自由。

年間320時間を削減
公式HPで導入事例を見る

電話で問い合わせる
(株式会社テンダ)
受付時間:平日9時-18時

メール処理を効率化
業務向けチャットツール「chatwork」

チャット機能を利用したコミュニケーションツール。真の業務改善効果は電話やメールよりもコミュニケーションのハードルが下がる点。

個人利用から全社導入へ
公式HPで導入事例を見る

Excel効率化ツール
【PR】xoBlosの製品体験
セミナー潜入レポート

xoBlosセミナー会場のエントランス

多くの社会人がムダと感じる業務「事務処理」と「資料作成」の業務効率化ツール「xoBlos(ゾブロス)」のハンズオンセミナーに潜入。「来て、見て、触って」初めてわかる真の効果とは…?

レポートを見る