社内研修の効率化ツール

研修を効率化させる3つのソリューション

スケジュール調整や研修資料の作成、講師の研修準備など、多くの労力が伴う社内研修。担当者の負担が大きい研修を効率化するためには、どうすればよいのでしょうか?

今回は研修を効率化させる3つのソリューションを紹介します。

社内wikiで情報共有を効率化
「Confluence(コンフルエンス)」

コンフルエンス公式サイト
引用元:Confluence
https://www.atlassian.com/ja/software/confluence

Confluenceは社内wikiを設置することができる情報共有ツールです。

社内wikiとは、社内の知識・情報を共有できるツールのこと。

だれでもアクセスでき、最新の情報を閲覧できるため、何度も研修を行って社員教育をする手間が省けます。

ドキュメントを作成して社員に通知すれば、あとは社員が自分で情報を確認可能。

コメントによる議論や、「ウォッチ」と呼ばれる機能によって、情報が更新されたときに通知が来るように設定できるなど、使いやすいのが魅力です。

研修を動画で配信「Teachme Biz」

ティーチミービズ公式サイト
引用元:Teachme Biz
https://biz.teachme.jp/

画像・動画・テキストを使って分かりやすいマニュアルを作成できるのがTeachme Bizです。

社員が自分でマニュアルを見て自習できる環境を整えることができます。

文字ベースではないため、業務内容を直感的に学ぶことが可能。マニュアルの閲覧数などから、よく見られているマニュアルの分析も行えます。

飲食店を経営する会社は最新メニューのレシピをTeachme Bizを使って共有することにより、研修コストの削減に成功しています。

運営者の準備を効率化「Dojo」

ドージョー概要
引用元:Dojo
https://www.tepss.com/about/

マニュアル作成ソリューションであるDojoは、研修準備の大きな時間短縮を可能とします。

eラーニング教材の作成も可能で、社員教育にかかるコストを削減できるばかりでなく、高品質な教材づくりに大いに貢献します。

社内資料のフォーマットが統一されるという副次的効果も。

Dojoによってeラーニング教材を作成することで、1800万円の研修コスト削減に成功した会社もあります。

様々なeラーニングを統合する「Careership」

Careership公式サイト
引用元:Careership公式サイト
https://www.lightworks.co.jp/services/careership

様々な「eラーニング」の配信が行えることはもちろん、それぞれの企業のニーズにあわせて、タレントマネジメント、研修マネジメントなど、様々な機能をカスタマイズできる統合型の学習管理システムです。

上場企業の売上トップ100社のうち、なんと47社もの企業による導入実績がある「Careership」。社員数が多い大企業ほど、高い効果をあげることができそうです。

まとめ:システム化の徹底で研修の効率化を図る

キャラクターアイコン

理解度や経験が異なるすべての社員に対して、効率的に研修を行っていくのは大変な労力です。

ツールによる情報共有システムや社内wiki、研修システムを確立していくことで、研修の属人化を防ぐことができ、高品質な社員教育を施すことができます。

新しいソリューションを活かし、社員がスムーズに業務を理解できる環境を整えましょう。

働き方改革、どこから攻める?
効果が見える業務効率化ツールの
選び方

特にクリエイティブ業務のコストを削減したい方へ 製作コストを圧縮 おすすめの業務効率化ツール 詳しくはこちら特にクリエイティブ業務のコストを削減したい方へ 製作コストを圧縮 おすすめの業務効率化ツール 詳しくはこちら

特にクリエイティブ業務のコストを削減したい方へ 製作コストを圧縮 おすすめの業務効率化ツール 詳しくはこちら

特にクリエイティブ業務のコストを削減したい方へ 製作コストを圧縮 おすすめの業務効率化ツール 詳しくはこちら