メール処理の効率化ツール

メール処理における「ムダ」の見直し

現代でのビジネスにおけるコミュニケーション手段1位である電子メール。

メールのやり取りにはムダが多く、スムーズなコミュニケーションを阻害する様々な要因を生み出します。

時間がかかる

メールによるコミュニケーションの最大の弊害は、時間が取られることです。

日本ビジネスメール協会の調査によれば、日本の社員は1日のうち平均69分をメールの作成に費やしているといいます。定型文を添えなければならないのも時間がかかる理由の1つです。

伝わっているか不安になる

メールでのやり取りは「相手がメールを読んだかわからない」「内容が伝わっているかわからない」といった不安要素を含んでいます。また、メールは1通ずつ届くため、履歴を遡りにくいというデメリットがあります。

リアルタイムでのやり取りができないため、情報共有にタイムラグが生じやすいのも欠点の1つです。 

メール処理を効率化させる
ソリューション別事例集

上記のようなメール処理のデメリットを解決するために、チャットツールを導入する企業が増えてきています。

ここではChatworkとLINEWORKSの事例を紹介します。

距離感の近いコミュニケーションを実現する「Chatwork」
(事例:株式会社ウゴカス)

チャットワークの機能イメージ
引用元:Chatwork
https://mpages.chatwork.com/CW-JP-form_standard.html

Chatworkは225000社が導入している国産チャットツールです(2019年10月調査時点)。

メールとは違い、リアルタイム感覚でチャットによる会話ができ、一対一、グループでのやり取りを円滑にします。また、ファイルの共有や通話/ビデオ通話に対応、メールとも連携できるのが強みです。

株式会社ウゴカスは企業向けの研修を行う際、研修担当者とのメールのやり取りが煩雑になる課題をクリアするため、Chatworkを導入。ビジネスメールで必須と言われる定型文不要で距離感の近いコミュニケーションを実現しました。 

事例参照元:Chatwork https://go.chatwork.com/ja/case/ugokasu.html

LINE感覚ですぐに使える「LINEWORKS」
(事例:日本ラグビーフットボール協会)

LINEWORKS公式サイト
引用元:LINEWORKS
https://line.worksmobile.com/jp/

LINEWORKSはビジネス版LINEとして、プライベートとビジネスを分離できるチャットツールとして注目されており、導入企業は1万社を突破しています(2019年10月調査時点)。

LINEと同じ操作画面で、すぐに使い始めることができるのが最大の魅力。カジュアルで汎用性の高いやり取りのほか、ファイル共有機能なども備わっています。

メーリングリストによるファイル共有に難を感じていた日本ラグビーフットボール協会は、メールに代わる情報共有ツールとしてLINEWORKSを導入。機密性を維持しながら大容量のファイルを送受信できる機能を存分に活用しています。

事例参照元:LINEWORKS https://line.worksmobile.com/jp/cases/rugby-japan/

まとめ:現代の生活様式に根ざしたメール効率化とは

キャラクターアイコン

社内だけでなく、社外でのやり取りも十分に使える機能であり、かつ操作性も高いチャットツール。

まだまだメールが主流である中、今後チャットツールを導入する企業は増えていくと思われます。

メールとデータ連携が可能なチャットツールもあるので、段階的な運用も視野に入れつつ導入を検討してみてはいかがでしょうか。

働き方改革、どこから攻める?
効果が見える業務効率化ツールの
選び方

業務の「削れる」ムダを効率化させる4つの業務効率化ツール
事務処理・資料作成を効率化
Excel業務効率化ツール「xoBlos」

データの分解・集計・マッチングを行うツールで、エクセルで行う業務のほぼすべてをシンプルな記述で効率化できる。定期セミナーも毎週開催。

一括集計で月120時間削減
公式HPで導入事例を見る

電話で問い合わせる
(DITマーケティングサービス)
受付時間:平日9時-18時

社内ミーティングを効率化
会議支援端末+専用アプリ「Eco Meeting」

タブレット向けの専用アプリ導入で資料のペーパーレス化や意思決定をアプリ上で行える。 MTG進行のムダをツールでカバー。

産学官のケースが豊富
公式HPで導入事例を見る

電話で問い合わせる
(株式会社エステック)

研修を効率化
マニュアル作成ツール「Dojo」

「誰が作っても高品質」を目指したマニュアル作成のプラットフォーム。eラーニングへの転換も自由。

年間320時間を削減
公式HPで導入事例を見る

電話で問い合わせる
(株式会社テンダ)
受付時間:平日9時-18時

メール処理を効率化
業務向けチャットツール「chatwork」

チャット機能を利用したコミュニケーションツール。真の業務改善効果は電話やメールよりもコミュニケーションのハードルが下がる点。

個人利用から全社導入へ
公式HPで導入事例を見る

Excel効率化ツール
【PR】xoBlosの製品体験
セミナー潜入レポート

xoBlosセミナー会場のエントランス

多くの社会人がムダと感じる業務「事務処理」と「資料作成」の業務効率化ツール「xoBlos(ゾブロス)」のハンズオンセミナーに潜入。「来て、見て、触って」初めてわかる真の効果とは…?

レポートを見る