タスク管理の効率化ツール

タスク管理に必要なポイント

タスク管理を行うことによって、仕事の進捗が見える化し、次に自分が何をやればいいのかが明確になります。

また、個人の仕事の能率アップだけでなく、チーム力の向上にもつながります。

それぞれが行っているタスクがチーム内で共有でき、仕事量も視覚化されるため、適切な仕事の割り振りが可能になるからです。

そのため、掲示板などを利用してタスク管理をする様々な手法がありますが、実際の掲示板での管理は場所的制約とタイムラグが生まれるため、クラウドやツールを利用したリアルタイムのタスク管理がおすすめです。

タスク管理システム導入で業務効率化ができた事例

タスク管理ツールの紹介とともに、タスク管理をシステム化したことで、業務効率化に成功した事例も少し紹介しています。

ドラッグ&ドロップでタスク管理できる「Jooto」

ジョートー概要
引用元:Jooto
https://www.jooto.com/

JootoはTodoリストや仕事量、仕事の進捗状況などを管理できるタスク・プロジェクト管理ツールです。

ドラッグ&ドロップでタスク整理ができ、ガントチャート機能も搭載。初めての人でも使いやすく、チーム全体の仕事を見える化してくれます。

行政事務所への導入事例では、多岐にわたる行政書士の仕事を自由度高く管理でき、外出先でもすぐにタスクを確認できる、タスクを他人と共有できるなどのメリットが報告されています。

混合チームの連携に威力を発揮する「Backlog」

バックログ概要
引用元:Backlog
https://backlog.com/ja/

Backlogは多彩な業種で使われているプロジェクト管理ツールです。

1つのプラットフォームでのチームメンバーの進捗管理ができ、別種の業務を担当するメンバーの連携を強化。視覚的にわかりやすい様々なチャートでプロジェクトの進み具合を可視化できます。

ある企業はBacklogを導入したことで、多量のメールの中に埋もれて探すのが大変だった情報をタスク管理できるようになりました。プロジェクトの進捗共有にかける時間の削減、複数部門にわたるスムーズな情報共有など、導入による効果は大きいといえます。

まとめ:タスク管理における2つのKEY

キャラクターアイコン

タスク管理においては「可視化」と「リアルタイムの共有」がカギになります。自分が抱えている仕事量と進捗状況を一目で把握できれば、順調にタスクを消化できます。また、リアルタイムの情報共有によってチームの連携力がより強力に。

多機能で使いやすいツールを導入してタスク管理をシステム化し、生産性の向上に努めましょう。

業務の「削れる」ムダを効率化させる4つの業務効率化ツール
事務処理・資料作成を効率化
Excel業務効率化ツール「xoBlos」

データの分解・集計・マッチングを行うツールで、エクセルで行う業務のほぼすべてをシンプルな記述で効率化できる。定期セミナーも毎週開催。

一括集計で月120時間削減
公式HPで導入事例を見る

電話で問い合わせる
(DITマーケティングサービス)
受付時間:平日9時-18時

社内ミーティングを効率化
会議支援端末+専用アプリ「Eco Meeting」

タブレット向けの専用アプリ導入で資料のペーパーレス化や意思決定をアプリ上で行える。 MTG進行のムダをツールでカバー。

産学官のケースが豊富
公式HPで導入事例を見る

電話で問い合わせる
(株式会社エステック)

研修を効率化
マニュアル作成ツール「Dojo」

「誰が作っても高品質」を目指したマニュアル作成のプラットフォーム。eラーニングへの転換も自由。

年間320時間を削減
公式HPで導入事例を見る

電話で問い合わせる
(株式会社テンダ)
受付時間:平日9時-18時

メール処理を効率化
業務向けチャットツール「chatwork」

チャット機能を利用したコミュニケーションツール。真の業務改善効果は電話やメールよりもコミュニケーションのハードルが下がる点。

個人利用から全社導入へ
公式HPで導入事例を見る

Excel効率化ツール
xoBlosの製品体験
セミナー潜入レポート

xoBlosセミナー会場のエントランス

多くの社会人がムダと感じる業務「事務処理」と「資料作成」の業務効率化ツール「xoBlos(ゾブロス)」のハンズオンセミナーに潜入。「来て、見て、触って」初めてわかる真の効果とは…?

レポートを見る