予実管理の効率化ツール

そもそも予実管理とは

予実管理とは、企業の予算計画を立て、それに対して実績がどのように上がっているかを分析し、軌道修正していくための業務です。

予実管理による企業経営のマネジメントこそが、企業の安定的な成功につながるといえるでしょう。

予実管理効率化のポイント

予実管理において目標設定が最重要なのは間違いありませんが、それと並行して、予算と実績の差異をリアルタイムで確認していくことも必須です。

大抵の企業はエクセルで予実管理をし、モニタリングをしています。ところが、企業規模の拡大に伴い、膨大な量のデータをエクセルでまとめるには限界が出てきます。

データ集計の事務処理自体に時間を費やすのは労力が大きいため、ツールによる管理がおすすめです。

予実管理効率化ツール選びの考え方

自社の予実管理を効率化するツールを選ぶ場合、「導入のしやすさ」「データ連携」「コスト」の3つが重要になってきます。

導入のしやすさはとても大切です。これまでのエクセル管理からの移行がスムーズに行われるかで、担当者の理解が得られるかどうかが決まるからです。

また、部署や支店がそれぞれの管理体制を持っている場合、ツールが複数の形式のデータ連携にどこまで対応しているかも確認するべきです。

そして、当然のことながら導入にかかるコストも計算しておきましょう。 

予実管理ツールの例

予実管理ツールにはいくつかあります。xoBlosはエクセル業務の効率化に特化したツールで、予実管理をするのに非常に役立ちます。

xoBlos

ゾブロス概要
引用元:xoBlos
https://www.xoblos.com

xoBlosはエクセルデータの集計や分類をワンクリックで集計・分類・抽出できるツールです。

予算と実績のエクセルを合算し、即座に比較表を作成することも可能。異なるファイルのデータ連携もスムーズで、集計のタイムラグがなくなり、リアルタイムでの予実管理を実現します。

全国80店舗の売上報告業務をxoBlosでシステム化することで、年間7000時間の削減に成功している会社もいます。

まとめ:予実管理以外にも効率化できる「アナログな作業」とは

キャラクターアイコン

予実管理で効果的なモニタリングを実施するためには、アナログな作業をいかにツールで効率化するか?がカギになってきます。

古いシステムが構築されているほど、業務改善にはコストがかかります。「うちはまだエクセルで十分だな」と感じたとしても、今後業務が拡大していくのであれば、早いうちにツール導入を検討するべきかもしれません。

働き方改革、どこから攻める?
効果が見える業務効率化ツールの
選び方

業務の「削れる」ムダを効率化させる4つの業務効率化ツール
事務処理・資料作成を効率化
Excel業務効率化ツール「xoBlos」

データの分解・集計・マッチングを行うツールで、エクセルで行う業務のほぼすべてをシンプルな記述で効率化できる。定期セミナーも毎週開催。

一括集計で月120時間削減
公式HPで導入事例を見る

電話で問い合わせる
(DITマーケティングサービス)
受付時間:平日9時-18時

社内ミーティングを効率化
会議支援端末+専用アプリ「Eco Meeting」

タブレット向けの専用アプリ導入で資料のペーパーレス化や意思決定をアプリ上で行える。 MTG進行のムダをツールでカバー。

産学官のケースが豊富
公式HPで導入事例を見る

電話で問い合わせる
(株式会社エステック)

研修を効率化
マニュアル作成ツール「Dojo」

「誰が作っても高品質」を目指したマニュアル作成のプラットフォーム。eラーニングへの転換も自由。

年間320時間を削減
公式HPで導入事例を見る

電話で問い合わせる
(株式会社テンダ)
受付時間:平日9時-18時

メール処理を効率化
業務向けチャットツール「chatwork」

チャット機能を利用したコミュニケーションツール。真の業務改善効果は電話やメールよりもコミュニケーションのハードルが下がる点。

個人利用から全社導入へ
公式HPで導入事例を見る

Excel効率化ツール
xoBlosの製品体験
セミナー潜入レポート

xoBlosセミナー会場のエントランス

多くの社会人がムダと感じる業務「事務処理」と「資料作成」の業務効率化ツール「xoBlos(ゾブロス)」のハンズオンセミナーに潜入。「来て、見て、触って」初めてわかる真の効果とは…?

レポートを見る