業務効率化ツールボックス » エクセル業務効率化特集 » VBAによるエクセル集計業務効率化

VBAによるエクセル集計業務効率化

VBAとマクロの違い

VBAはVisual Basic for Applicationsの略でエクセルなどのアプリケーションで使うマクロ機能を実現するためのプログラム言語のことです。マクロ作成時にはVBAが使用されるため同じ扱いになりがちですが、マクロはエクセルの機能の1つ、VBAはマクロを動かすためのプログラム言語です。

エクセル集計業務における
VBA利用のメリットとデメリット

メリット:高度で複雑な自動化が可能

エクセルでVBAを使用する目的はマクロ作成です。マクロはエクセル集計業務の自動化を実現しますのでVBA利用により業務効率化が進むことがメリットです。集計業務の自動化と言っても様々ありますのでVBAを駆使することによってより高度で複雑なマクロを作成できます。

デメリット:他システムとの連携

VBAのデメリットはエクセルのようなマイクロソフト社のアプリケーション以外では使えないことです。したがってエクセルだけで業務が完結する場合は問題ないですが、他のシステムと連携して業務自動化を実現したいと考えてもVBAだけでは難しいでしょう。

エクセル集計業務におけるVBA導入の基礎

VBA導入の際はまず目的を明確にします。VBAで作成するマクロでどんな結果(自動化)を出すのか決めて、そのために必要な元データを整理します。準備が整ったらVBAを書いていきますがそれには開発環境が必要です。

VBAを書く場所はエクセルのVBE(Visual Basic Editor)に標準モジュールを挿入した白い画面です。慣れないうちは他の人が作成したサンプルコードに手を加えていくとよいでしょう。自分流でコードを書いてしまうと他の人が手を加えることができず、属人化が起きやすくなりますので注意が必要です。

まとめ:VBAで行えない業務とは?VBAを超える業務効率化のアイデア

キャラクターアイコン

VBAはエクセル上で動くマクロのプログラミング言語ですので、他のシステムと連携した横断的な作業自動化までは実現できません。全社レベルでの業務効率化を考える場合は別の方法も検討した方がよいでしょう。

近年注目されているのは定型業務をソフトウェアロボットに代行してもらうRPA(Robotic Process Automation)やエクセルのフォーマットや使い勝手を継承して使えるサーバー管理型の業務効率化専門ツールです。エクセルだけでの業務効率化に限界を感じている場合には導入を考えてもよいかもしれません。

自由度が変わる
エクセル業務効率化ツール

業務の「削れる」ムダを効率化させる4つの業務効率化ツール
事務処理・資料作成を効率化
Excel業務効率化ツール「xoBlos」

データの分解・集計・マッチングを行うツールで、エクセルで行う業務のほぼすべてをシンプルな記述で効率化できる。定期セミナーも毎週開催。

一括集計で月120時間削減
公式HPで導入事例を見る

電話で問い合わせる
(DITマーケティングサービス)
受付時間:平日9時-18時

社内ミーティングを効率化
会議支援端末+専用アプリ「Eco Meeting」

タブレット向けの専用アプリ導入で資料のペーパーレス化や意思決定をアプリ上で行える。 MTG進行のムダをツールでカバー。

産学官のケースが豊富
公式HPで導入事例を見る

電話で問い合わせる
(株式会社エステック)

研修を効率化
マニュアル作成ツール「Dojo」

「誰が作っても高品質」を目指したマニュアル作成のプラットフォーム。eラーニングへの転換も自由。

年間320時間を削減
公式HPで導入事例を見る

電話で問い合わせる
(株式会社テンダ)
受付時間:平日9時-18時

メール処理を効率化
業務向けチャットツール「chatwork」

チャット機能を利用したコミュニケーションツール。真の業務改善効果は電話やメールよりもコミュニケーションのハードルが下がる点。

個人利用から全社導入へ
公式HPで導入事例を見る

Excel効率化ツール
xoBlosの製品体験
セミナー潜入レポート

xoBlosセミナー会場のエントランス

多くの社会人がムダと感じる業務「事務処理」と「資料作成」の業務効率化ツール「xoBlos(ゾブロス)」のハンズオンセミナーに潜入。「来て、見て、触って」初めてわかる真の効果とは…?

レポートを見る