業務効率化ツールボックス » 【徹底比較】RPAツール特集 » RPAツール「Automation Anywhere」をリサーチ

RPAツール「Automation Anywhere」をリサーチ

オートメーションエニウェア概要
引用元:Automation Anywhere
https://www.automationanywhere.com/jp/products/enterprise/

Automation Anywhereでできること

Automation Anywhereはバックオフィス系の業務に強い米国産のRPAツールです。

ドラッグ&ドロップでコマンドを組み立てる方式で初心者でも開発しやすく、サーバ型ツールのため、大規模運用が可能。Control Roomと呼ばれる管理画面から社内のロボットを一括管理できます。

IBM社は自社開発したBPM(業務プロセス管理)ツールとAutomation Anywhereをコラボさせ、効率的なRPAツールの配置を可能にしました。

これにより、「どこにRPAツールの自動化が必要で、どこが必要でないか」といった業務全体のフローが見える化し、より業務改善をスムーズに行えるようになっています。

ツールの特徴まとめ

引用元:youtube
https://www.youtube.com/embed/WgEAeRkiZEk

Automation Anywhereはセキュリティが強く、信頼がおかれています。

また、AIを利用したロボット開発により、RPAツールが強い定型業務にとどまらず、一部の非定型業務も行えるという特徴があります。

従来のRPAツールではワークフローに変化が起こると、そのたびにロボットに変更を加えなければいけませんでした。しかし、Automation Anywhereは学習機能により新しい環境に適応するのが早いため、ロボットの更新回数が少なくて済みます。

[セミナーレポート]
RPAの弱点を補う業務改善ツール
xoBlos(ゾブロス)とは

開発会社について

開発会社はアメリカのAutomation Anywhere社。2003年に設立されて以降、RPA関連の賞を多数受賞し、世界市場ではNo.1シェアを持つと見られています。

2017年に日立ソリューションズが販売代理店として国内での提供を開始。

2018年に日本法人であるオートメーション・エニウェア・ジャパンが設立され、UIの日本語化が急ピッチで進んでいます。

Automation Anywhereの評判

それでは、Automation Anywhereの口コミを見てみましょう。

キャラクターアイコン

一般ユーザーでプログラミングの知識がなくても、Commandパネルからやりたいことを選んで組み立てられるので、初心者にもとっつきやすく、PRA化がしやすいです。おかげで、属人化していた業務の整理、業務の定型化・文書化が行えるようになりました。

元が英語圏で開発されているので、日本語化は急務だと思います。

参照元:ITreview https://www.itreview.jp/products/automation-anywhere/reviews

Automation Anywhereで寄せられた口コミの中で、課題は主に「説明が英語で分かりにくい」「価格が高い」という部分に集中していました。

ただし、価格が高いわりにとっつきやすい、作りやすい、という意見が大半。

AIによるRPAを超えた効果を実感している声もありました。

業務の「削れる」ムダを効率化させる4つの業務効率化ツール
事務処理・資料作成を効率化
Excel業務効率化ツール「xoBlos」

データの分解・集計・マッチングを行うツールで、エクセルで行う業務のほぼすべてをシンプルな記述で効率化できる。定期セミナーも毎週開催。

一括集計で月120時間削減
公式HPで導入事例を見る

電話で問い合わせる
(DITマーケティングサービス)
受付時間:平日9時-18時

社内ミーティングを効率化
会議支援端末+専用アプリ「Eco Meeting」

タブレット向けの専用アプリ導入で資料のペーパーレス化や意思決定をアプリ上で行える。 MTG進行のムダをツールでカバー。

産学官のケースが豊富
公式HPで導入事例を見る

電話で問い合わせる
(株式会社エステック)

研修を効率化
マニュアル作成ツール「Dojo」

「誰が作っても高品質」を目指したマニュアル作成のプラットフォーム。eラーニングへの転換も自由。

年間320時間を削減
公式HPで導入事例を見る

電話で問い合わせる
(株式会社テンダ)
受付時間:平日9時-18時

メール処理を効率化
業務向けチャットツール「chatwork」

チャット機能を利用したコミュニケーションツール。真の業務改善効果は電話やメールよりもコミュニケーションのハードルが下がる点。

個人利用から全社導入へ
公式HPで導入事例を見る

Excel効率化ツール
xoBlosの製品体験
セミナー潜入レポート

xoBlosセミナー会場のエントランス

多くの社会人がムダと感じる業務「事務処理」と「資料作成」の業務効率化ツール「xoBlos(ゾブロス)」のハンズオンセミナーに潜入。「来て、見て、触って」初めてわかる真の効果とは…?

レポートを見る