業務効率化ツールボックス » 【分野別】業務改善につながる効率化ツール » ビジネスコミュニケーションの効率化ツール

ビジネスコミュニケーションの効率化ツール

ビジネスにおける円滑なコミュニケーションとは

ビジネスのコミュニケーションをスムーズにできていますか?

社内コミュニケーションについてのある調査結果によると、8割の企業が「社内のビジネスコミュニケーションに課題がある」と感じているそうです。

メールでのコミュニケーションは時間がかかる上に齟齬が生じやすく、円滑な社内コミュニケーションを阻害しがちです。

近年ではチャット機能を持ったツールを活用する企業が増えてきており、ビジネスにおけるコミュニケーションのあり方そのものが変わってきています。

コミュニケーションツールの選び方

コミュニケーションツールによる恩恵を受けるためには、適切なツール選びが重要です。

例えば、社員全体のコミュニケーションを活発化させようとしても、一部の社員しか機能を使いこなせないのであれば、導入した意味がありません。

自社の課題を明確にした上で、その課題をクリアできる機能を備えているツールを選びましょう。

ビジネスのコミュニケーションツールを比較

ビジネスのコミュニケーションツールとして、今最も使われているのは「Chatwork」と「Slack」の2つです。

それぞれの機能を比較してみましょう。

コスパとタスク管理機能に優れる「Chatwork」

チャットワークの機能イメージ
引用元:Chatwork
https://mpages.chatwork.com/CW-JP-form_standard.html

国産ビジネスチャットツールであるChatworkは、有料プランでも月額500円とコスパに優れるチャットツールです。

直感的な操作でタスク作成・管理を個人・グループでそれぞれに実施できるため、仕事の円滑化も図ることができます。

電話とメールが主な連絡手段だった企業がChatworkを導入したところ、情報の共有がスムーズになったという事例があります。

外部連携が可能でカスタマイズ自在な「Slack」

スラック公式サイト
引用元:Slack
https://slack.com/intl/ja-jp/

米国産のSlackは日本でも大きなシェアを誇るビジネスコミュニケーションツールです。

ワークスペースの中にチーム別、個人別、プロジェクト別にチャンネルを作成し、それぞれでコミュニケーションを図ることができます。

大きな特徴は1500点以上のアプリと連携できること。

ある会社では社内のほぼ全員がSlack上でオープンなコミュニケーションを図ることで、社員同士のコラボレーションなどを生み出す土壌にしています。

トークアプリ「LINE」のビジネス版・「LINE WORKS」

LINE WORKSの機能イメージ
引用元:LINE WORKS
https://line.worksmobile.com/jp/

日本において圧倒的なシェアを誇るトークアプリ「LINE」のビジネス版が「LINE WORKS」です。有料のビジネスチャットツールでシェアNo.1、実績企業は10万社以上。

誰もが使い慣れている「LINE」の使用感がそのままに、カレンダー機能といったビジネスに役立つ機能をワンストップで搭載。特別な研修が不要なこともメリットです。

LINEの使い勝手の良さは、まだITの導入が進んでいない業種にも受け入れられています。

シンプルゆえに機能性が高い「Talknote」

Talknoteの機能イメージ
引用元:Talknote
https://talknote.com/

医療や飲食、小売など幅広い業種でおよそ1000社の導入実績がある「Talknote」。着実に利用者が伸びている業務効率化ツールです。

特徴は、シンプルな使い勝手の良さ。グループ、メッセージ、タスクという3つの画面をつかって、メッセージのやりとりや業務の漏れ防止などに利用することができます。

社内の情報や意識の共有をはかることによって、人材不足や過重労働といった課題を解決することが「Talknote」のコンセプトなのです。

複数のサービスを組み合わせて使える「V-CUBE Gate」

V-CUBE Gateの機能イメージ
引用元:V-CUBE Gate
https://jp.vcube.com/service/gate

管理機能とセキュリティが充実しているアプリケーション。スマートフォンやタブレットにインストールし、場所を選ばずに活発なコミュニケーションが図れます。V-CUBEの他のサービスと組み合わせて使うことで、より密なコミュニケーションの実現も可能です。

7,000以上の導入実績を誇る「WowTalk」

WowTalkの機能イメージ
引用元:WowTalk
https://www.wowtalk.jp

直感的なデザインで、ITに不慣れな人も使いやすいことからリピート率が高いツール。企業ポリシーに応じて、25種類の機能のオンオフを、個人単位でカスタマイズできます。パーティション機能やアクセス制限などの管理機能も多彩です。

セキュリティ機能が充実した「ChatLuck(チャットラック)」

chatluckの機能イメージ
引用元:ChatLuck
https://www.chatluck.com/

アクセス権限やログ管理、セキュアカメラなどの、さまざまなセキュリティ機能が充実。メッセージやファイルはもちろん、削除データやダウンロード履歴の監査などのセキュリティ対策も万全です。クラウド版に加え、パッケージ版も提供しています。

グローバルで安全性の高い「MicrosoftTeams」

MicrosoftTeamsの機能イメージ
引用元:Microsoft https://www.microsoft.com/ja-jp/microsoft-365/microsoft-teams/group-chat-software

181の国と地域で利用でき、53言語に対応している「MicrosoftTeams」。多くの企業に導入されている業務効率化ツールです。Officeアプリケーションと連携可能で、効率よく業務を行なえます。オンライン会議やチャットの機能が充実しており、名前の通り「チームでの業務」に特化した便利なツールと言えるでしょう。

まとめ:毎日時間を使う、ビジネスコミュニケーションにこそ最適なソリューションを。

キャラクターアイコン

ビジネスコミュニケーションツールとして、2大チャットツールとされるChatworkとSlack。

Chatworkはタスク管理、Slackはアレンジ性を強みとしており、企業のカラーや課題によって使い勝手は大きく変わります。

ツールの機能が自社のニーズに合っていなければ、新しくチャットツールを導入しても浸透させることは難しいため、まずは自社のコミュニケーションにおける課題を把握しましょう。

働き方改革、どこから攻める?
効果が見える業務効率化ツールの
選び方

業務の「削れる」ムダを効率化させる4つの業務効率化ツール
事務処理・資料作成を効率化
Excel業務効率化ツール「xoBlos」

データの分解・集計・マッチングを行うツールで、エクセルで行う業務のほぼすべてをシンプルな記述で効率化できる。定期セミナーも毎週開催。

一括集計で月120時間削減
公式HPで導入事例を見る

電話で問い合わせる
(DITマーケティングサービス)
受付時間:平日9時-18時

社内ミーティングを効率化
会議支援端末+専用アプリ「Eco Meeting」

タブレット向けの専用アプリ導入で資料のペーパーレス化や意思決定をアプリ上で行える。 MTG進行のムダをツールでカバー。

産学官のケースが豊富
公式HPで導入事例を見る

電話で問い合わせる
(株式会社エステック)

研修を効率化
マニュアル作成ツール「Dojo」

「誰が作っても高品質」を目指したマニュアル作成のプラットフォーム。eラーニングへの転換も自由。

年間320時間を削減
公式HPで導入事例を見る

電話で問い合わせる
(株式会社テンダ)
受付時間:平日9時-18時

メール処理を効率化
業務向けチャットツール「chatwork」

チャット機能を利用したコミュニケーションツール。真の業務改善効果は電話やメールよりもコミュニケーションのハードルが下がる点。

個人利用から全社導入へ
公式HPで導入事例を見る

Excel効率化ツール
【PR】xoBlosの製品体験
セミナー潜入レポート

xoBlosセミナー会場のエントランス

多くの社会人がムダと感じる業務「事務処理」と「資料作成」の業務効率化ツール「xoBlos(ゾブロス)」のハンズオンセミナーに潜入。「来て、見て、触って」初めてわかる真の効果とは…?

レポートを見る