業務効率化ツールボックス » エクセル業務効率化特集 » 脱VBAツール「StiLL」をリサーチ

脱VBAツール「StiLL」をリサーチ

エクセル業務効率化ツール「StiLL」とは?

引用元:youtube
https://www.youtube.com/watch?v=L8vvgNg6VNE

Excelプラットフォームをそのまま利用しながらもVBAなしでエクセル業務を自動化するアドインツールです。クエリー機能を使ってデータ取り込みから変換・加工まで簡単にできるのでコストをかけずに短期間での開発が実現。導入企業は基幹システムとの連動や販売・在庫システム、社内情報共有などに活用しています。

StiLLで実現できる業務効率化とは

STILL操作画面
引用元:アイエルアイ総合研究所
https://www.still.co.jp/still/support/138sms.htm

エクセル業務自動化を苦手とするRPAとは競合せずに連動することが可能。またVBAよりも開発工数が少ないため費用対効果も良好。実際にAccess,言語+DBだと76人日かかる開発工数がStill+Excel+DBであれば39人日で済むというシミュレーション結果も出ています。

また処理スピードも早くデータベースからのダウンロードの速さはVBAの約20倍。連携を増やしてシステム自動化すればあらゆる業務のスピードアップが実現します。

StiLLのセミナー情報

エンドユーザーや技術者を対象とした体験セミナーを東京と大阪で定期的に開催しています。開催頻度は月に2~3回ですが定員5~8名で3時間みっちり行うので、実際に導入して効果が出るかどうかの判断もできます。

セミナーの内容は概要説明の後にデータクロス集計やDBデータ取得などプログラム作成の実践があります。またStiLL+Excelでどんなことができるか、システム開発新手法など応用まで学べるので安心です。

開発元「株式会社アイエルアイ総合研究所」について

情報文化の構築を目指し5,515社の導入実績(2018年3月31日当時)を誇る「StiLL」を始めとして仕事進捗管理を行う「Business Menu Win」や「業務仕掛80%テンプレート」などExcelやサーバー、Webを使った業務用の情報技術サービスを提供。事例研究フォーラムや体験セミナーで企業への導入を進めています。

まとめ:業務効率化ツールの選び方

キャラクターアイコン

業務改善のためのツールを導入しても社内で利用されなければなんの意味もありません。後からこんなはずではなかったと思わないためにも、机上で考えるより積極的にセミナーに参加して体験してみるのが成功への第一歩です。

エクセル業務改善ツール
ゾブロスの体験セミナー潜入レポ

業務の「削れる」ムダを効率化させる4つの業務効率化ツール
事務処理・資料作成を効率化
Excel業務効率化ツール「xoBlos」

データの分解・集計・マッチングを行うツールで、エクセルで行う業務のほぼすべてをシンプルな記述で効率化できる。定期セミナーも毎週開催。

一括集計で月120時間削減
公式HPで導入事例を見る

電話で問い合わせる
(DITマーケティングサービス)
受付時間:平日9時-18時

社内ミーティングを効率化
会議支援端末+専用アプリ「Eco Meeting」

タブレット向けの専用アプリ導入で資料のペーパーレス化や意思決定をアプリ上で行える。 MTG進行のムダをツールでカバー。

産学官のケースが豊富
公式HPで導入事例を見る

電話で問い合わせる
(株式会社エステック)

研修を効率化
マニュアル作成ツール「Dojo」

「誰が作っても高品質」を目指したマニュアル作成のプラットフォーム。eラーニングへの転換も自由。

年間320時間を削減
公式HPで導入事例を見る

電話で問い合わせる
(株式会社テンダ)
受付時間:平日9時-18時

メール処理を効率化
業務向けチャットツール「chatwork」

チャット機能を利用したコミュニケーションツール。真の業務改善効果は電話やメールよりもコミュニケーションのハードルが下がる点。

個人利用から全社導入へ
公式HPで導入事例を見る

Excel効率化ツール
【PR】xoBlosの製品体験
セミナー潜入レポート

xoBlosセミナー会場のエントランス

多くの社会人がムダと感じる業務「事務処理」と「資料作成」の業務効率化ツール「xoBlos(ゾブロス)」のハンズオンセミナーに潜入。「来て、見て、触って」初めてわかる真の効果とは…?

レポートを見る