業務効率化ツールボックス » エクセル業務効率化特集 » 脱Excelを叶えるツールを紹介

脱Excelを叶えるツールを紹介

脱Excelを果たす重要キーワード「BI」とは?

BI(Business Intelligence)とは企業が蓄積している大量データを分析し意思決定に役立てることです。BIツールはこれを実行するシステムで、既存の基幹システムと連携して得られたデータを分析し、その結果をグラフなどに加工。専門アナリストがいなくても自社内でスピーディーに情報活用ができるようになる仕組みです。

脱Excel(=BIツール)を紹介

楽々Webデータベース

エクセルデータをWeb化・共有化して業務効率をアップするツールです。同時利用できない、ファイルが見つけにくい、転記ミスが起きるなどエクセルの不便を解消します。

クラウド上でエクセルシートを共有するのとは違い、中身をデータベース化する仕組みなので動作が遅くなったり、データが壊れてしまうこともありません。

Actionista!

企業の集計・分析・レポート業務を円滑に進めるためのBIツールです。専門知識を有する担当者が不在でも簡単にデータ分析ができるように設計されているのが特徴です。

サーバーライセンス方式なので利用人数に応じて従量課金が発生することはなく、各部署の一般ユーザーレベルで利用できるため、企業の課題を多くの社員が共有できます。

Dr.Sum

BIの理解度に関係なく誰でもすぐに使えることを基本に設計された集計データベースシステムです。専門的な知識や技術は不要でエクセルを活用した集計と情報共有ができます。

既存の基幹システムに蓄積された様々なデータソースを統合し各部署の必要に応じて分析や情報提供が可能。ユーザー数に左右されない料金体系なので安心です。

まとめ:脱Excelは本当に必要なのか

キャラクターアイコン

脱Excelはできるのかという点では理論上は可能です。しかし慣れ親しんだExcelを離れることが本当に必要かは不安か残ります。Excelほど浸透したソフトは他にはなく汎用性の高さでは他のツールは敵わないからです。

脱Excelにこだわって専門知識がある担当部門がBIを導入しても、一般ユーザーには難しいだけで結局Excel処理に戻ってしまうことがあります。みんなが使えるExcelを拡張させる方が抵抗感はないでしょう。

あえての「活エクセル」業務改善ツール
ゾブロスの体験セミナー潜入レポ

業務の「削れる」ムダを効率化させる4つの業務効率化ツール
事務処理・資料作成を効率化
Excel業務効率化ツール「xoBlos」

データの分解・集計・マッチングを行うツールで、エクセルで行う業務のほぼすべてをシンプルな記述で効率化できる。定期セミナーも毎週開催。

一括集計で月120時間削減
公式HPで導入事例を見る

電話で問い合わせる
(DITマーケティングサービス)
受付時間:平日9時-18時

社内ミーティングを効率化
会議支援端末+専用アプリ「Eco Meeting」

タブレット向けの専用アプリ導入で資料のペーパーレス化や意思決定をアプリ上で行える。 MTG進行のムダをツールでカバー。

産学官のケースが豊富
公式HPで導入事例を見る

電話で問い合わせる
(株式会社エステック)

研修を効率化
マニュアル作成ツール「Dojo」

「誰が作っても高品質」を目指したマニュアル作成のプラットフォーム。eラーニングへの転換も自由。

年間320時間を削減
公式HPで導入事例を見る

電話で問い合わせる
(株式会社テンダ)
受付時間:平日9時-18時

メール処理を効率化
業務向けチャットツール「chatwork」

チャット機能を利用したコミュニケーションツール。真の業務改善効果は電話やメールよりもコミュニケーションのハードルが下がる点。

個人利用から全社導入へ
公式HPで導入事例を見る

Excel効率化ツール
xoBlosの製品体験
セミナー潜入レポート

xoBlosセミナー会場のエントランス

多くの社会人がムダと感じる業務「事務処理」と「資料作成」の業務効率化ツール「xoBlos(ゾブロス)」のハンズオンセミナーに潜入。「来て、見て、触って」初めてわかる真の効果とは…?

レポートを見る