業務効率化ツールボックス » 【徹底比較】RPAツール特集 » RPAを知れるセミナー情報【東京版】

RPAを知れるセミナー情報【東京版】

RPAとは

RPAとは、バックオフィス系の業務を自動化でき、定型業務にかかる労力を大幅に削減できるツールのことです。

導入した企業の97%が5割以上の業務工数を削減し、業務改善につなげているというデータ[注1]もあります。

シナリオという台本のようなものを作ることで、ロボットが人間の作業を代行。

プログラミング知識不要で現場の人間がシナリオを作ることができるのが最大の特徴。エクセルのマクロなどは業務が属人化しがちですが、そのようなデメリットもカバーできます。

RPA導入の流れ

RPA導入の流れは、以下の3ステップにまとめることができます。

1.導入の検討・準備

まずはRPAの対象業務の選定です。

RPAをいきなり社内のすべての業務に適用することはできません。

どのような業務が自動化できるのか、自動化のメリットはあるのか、自社の課題と自動化できる対象業務を明確にする段階を通らなければ、RPAツール導入の効果は得られません。

2.導入

事前準備を入念に行った上で、試験的なRPAツール導入のステップに入ります。

対象業務の一部にRPAツールを導入し、業務改善の程度を見える化して効果を分析します。

3.運用

導入段階で成功し、社内で効果が認められたならば、運用を拡大していきます。

一部での業務自動化を部署レベル・複数部門レベル・全社レベルまで引き上げ、対象業務を拡大していきます。

もちろん、入念な分析を繰り返しつつ、効率化を可視化し、RPAツール導入の効果を高めることを忘れてはいけません。

RPA導入に役立つセミナー情報まとめ
(東京版)

実際にRPAを導入する段階で困るのが、RPAリテラシーの低さです。

そこで助けになるのが、RPA導入をサポートするセミナーです。

ここからは東京を中心に、主催者別に首都圏で行われるセミナー情報を紹介します。

RPAテクノロジーズ

RPAテクノロジーズセミナー公式キャプション
引用元:RPAテクノロジーズ
https://rpa-technologies.com/speech/

提供している商品「BizRobo!」の無償体験セミナーを時折開催しています。

「ロボット作りを体験」など初心者向けの内容です。

また、毎年9月には「BizRobo! Land」というセミナーを開催。

多くのパートナー企業が集まり、事例の紹介や運用方法の展示、講演や体験ブースなど多彩なプログラムが組まれているため、既にRPAを運用している会社、これから導入する会社、どちらも楽しめる内容となっています。

マンパワーグループのRPAセミナー

マンパワーグループセミナー公式キャプション
引用元:マンパワーグループ
https://www.manpowergroup.jp/client/seminar/

マンパワーグループは、主にWinactorとUiPathの2つのRPAツールについてのセミナーを本社にて開催しています。

各RPAツールの概要や操作方法を学んだり、実際のロボット作成体験・質疑応答があるなど、導入を検討している企業に役立つ内容となっています。

無料体験セミナー、参加費3万円の初級1Dayセミナー、参加費5万円の2Daysセミナーなどが開催されています。 

RPA DIGITAL WORLD TOKYO

RPAデジタルワールドトーキョー公式キャプション
引用元:RPA DIGITAL WORLD TOKYO
https://rpa-bank.com/event/digitalworld/tokyo2019-spring/

東京国際フォーラムで2018年から毎年開催されている、国内最大級のRPAイベントです。

デジタルレイバーの進化とともに考える「働き方の新常識」など、RPAをテーマとして数多くのゲストスピーカーが登壇。

基調講演をはじめとして、各社独自のソリューションを見ることができる展示ブース、ハンズオンlab/デモンストレーションセミナーなど、とにかく内容が盛りだくさん。

導入を検討している企業からさらなる開発を目指す企業まで、RPAに興味があるすべての人を対象にしています。

事前申し込みが必要ですが、無料で参加可能です。

SBモバイルサービス

SBモバイルサービスセミナー公式キャプション
引用元:SBモバイルサービス
https://tm.softbank.jp/business/seminar/list/

「実際に触ってみませんか?とても簡単!「RPAハンズオンセミナー」」という初心者向けセミナーを定期的に開催しています。

各回定員は10名で、参加は無料。初めてRPAに触るという人にとっておすすめの内容です。

比較的コンスタントに開催しているため、気軽に行けるのも特徴です。

開催場所は東京汐留ビルディングB2階 カスタマーブリーフィングセンターです。

株式会社ブレイン・ゲート

ウィンアクターセミナー公式キャプション
引用元:ブレイン・ゲート
https://braingate.co.jp/winactor/seminar_administrator

Winactorの正規一次代理店である株式会社ブレイン・ゲート。

「Winactor導入検討セミナー」を定期的に開催しています。

事前登録が必要ですが、無料で参加可能で、Winactorのトライアル版を使っての講義となります。

操作方法だけでなく、導入の流れまで教えてくれるため、セミナーの名前通り導入を検討している会社向けの内容です。

定員が8名と少人数開催のため、興味がある方は次の開催がいつになるかチェックしておくといいでしょう。

まとめ

キャラクターアイコン

以上、東京で開催されているRPAセミナーの情報についてまとめてきました。

「プログラミング知識がなくても使える」というキャッチコピーが先行していますが、RPAの導入に際しては単なる操作方法だけでなく、対象業務の選定やスムーズな導入の方法など、知るべき情報はたくさんあります。

開発会社やサポート会社が行っているセミナーで実物に見て触れるだけで、導入のイメージは一気に具体化します。

導入に際しての基礎的な知識も一通り教えてくれるので、導入を検討している方は、各社のセミナー情報をチェックしておくといいでしょう。

参考資料

業務の「削れる」ムダを効率化させる4つの業務効率化ツール
事務処理・資料作成を効率化
Excel業務効率化ツール「xoBlos」

データの分解・集計・マッチングを行うツールで、エクセルで行う業務のほぼすべてをシンプルな記述で効率化できる。定期セミナーも毎週開催。

一括集計で月120時間削減
公式HPで導入事例を見る

電話で問い合わせる
(DITマーケティングサービス)
受付時間:平日9時-18時

社内ミーティングを効率化
会議支援端末+専用アプリ「Eco Meeting」

タブレット向けの専用アプリ導入で資料のペーパーレス化や意思決定をアプリ上で行える。 MTG進行のムダをツールでカバー。

産学官のケースが豊富
公式HPで導入事例を見る

電話で問い合わせる
(株式会社エステック)

研修を効率化
マニュアル作成ツール「Dojo」

「誰が作っても高品質」を目指したマニュアル作成のプラットフォーム。eラーニングへの転換も自由。

年間320時間を削減
公式HPで導入事例を見る

電話で問い合わせる
(株式会社テンダ)
受付時間:平日9時-18時

メール処理を効率化
業務向けチャットツール「chatwork」

チャット機能を利用したコミュニケーションツール。真の業務改善効果は電話やメールよりもコミュニケーションのハードルが下がる点。

個人利用から全社導入へ
公式HPで導入事例を見る

Excel効率化ツール
【PR】xoBlosの製品体験
セミナー潜入レポート

xoBlosセミナー会場のエントランス

多くの社会人がムダと感じる業務「事務処理」と「資料作成」の業務効率化ツール「xoBlos(ゾブロス)」のハンズオンセミナーに潜入。「来て、見て、触って」初めてわかる真の効果とは…?

レポートを見る