業務効率化ツールボックス » 【徹底比較】RPAツール特集 » RPAツール「Blue prism」をリサーチ

RPAツール「Blue prism」をリサーチ

ブループリズム概要
引用元:Blue prism
https://www.blueprism.com/japan/

Blue Prism(ブループリズム)でできること

Blue Prismはシナリオの作成によってバックオフィス業務効率化が可能なRPAツールです。

複数ロボットをサーバ上で一元化して統制できるため、野良ロボット(管理者不在のロボット)が発生しづらい優れた内部統制機能を持っています。

また、シナリオ変更履歴などの機能により、複数人がアクセスしてロボットを制御する際に混乱が起きにくくなっています。

幅広いアプリケーションと連携し、多数のプロジェクトを横断した自動化が可能です。

[セミナーレポート]
RPAの弱点を補う業務改善ツール
xoBlos(ゾブロス)とは

ツールの特徴まとめ

引用元:youtube
https://www.youtube.com/embed/iKQffL6sNI0

優れたセキュリティと複数ロボットのスケジューリング・管理、また1000台以上のロボットを利用できる構造が特徴です。

多くの金融企業がBlue Prismを採用するなど、セキュリティ面では大きな信頼を寄せられています。

また、最新版のBlue Prism v6.4はクラウドやAI、コグニクティブ機能に対応して、より高度な処理を行うbot作りを目指しています。

開発すればするほど、多様な力を発揮するRPAツールといえるでしょう。

開発会社について

Blue Prismを開発したイギリスのBlue Prism社は、元祖RPAともいわれる業界の老舗会社です。

2013年にはガードナー社の「Cool Vendor」に選ばれ、大きな影響力を持っていることが認められました。

2017年に日本法人が設立され、日本語版のサービスを開始しています。

Blue Prism(ブループリズム)の評判

それでは、Blue Prismを実際に導入している技術者の口コミを見てみましょう。

キャラクターアイコン

論理的・構造的なRPAのコード記述が可能で、エンジニア向けです。また、他の製品との親和性が高いと感じます。

AI/コグニクティブサービス系の処理と、単純な事務系操作処理の双方で大きな効果を得ています。セキュリティ面で強いRPAを使いたい、あるいは作りこんでいきたい方にはおすすめです。

最初から高度な内容を覚えなければいけないので、敷居が比較的高いと感じました。

参照元:ITreview https://www.itreview.jp/products/blueprism/reviews

簡単に導入できるRPAツールと比較すると、作り込みができる分、ややとっつきにくさがあるようです。大規模企業でIT担当者が開発するのが向いているのかもしれません。

今後、初心者でも開発しやすいよう敷居が下がることに期待ですね。

業務の「削れる」ムダを効率化させる4つの業務効率化ツール
事務処理・資料作成を効率化
Excel業務効率化ツール「xoBlos」

データの分解・集計・マッチングを行うツールで、エクセルで行う業務のほぼすべてをシンプルな記述で効率化できる。定期セミナーも毎週開催。

一括集計で月120時間削減
公式HPで導入事例を見る

電話で問い合わせる
(DITマーケティングサービス)
受付時間:平日9時-18時

社内ミーティングを効率化
会議支援端末+専用アプリ「Eco Meeting」

タブレット向けの専用アプリ導入で資料のペーパーレス化や意思決定をアプリ上で行える。 MTG進行のムダをツールでカバー。

産学官のケースが豊富
公式HPで導入事例を見る

電話で問い合わせる
(株式会社エステック)

研修を効率化
マニュアル作成ツール「Dojo」

「誰が作っても高品質」を目指したマニュアル作成のプラットフォーム。eラーニングへの転換も自由。

年間320時間を削減
公式HPで導入事例を見る

電話で問い合わせる
(株式会社テンダ)
受付時間:平日9時-18時

メール処理を効率化
業務向けチャットツール「chatwork」

チャット機能を利用したコミュニケーションツール。真の業務改善効果は電話やメールよりもコミュニケーションのハードルが下がる点。

個人利用から全社導入へ
公式HPで導入事例を見る

Excel効率化ツール
【PR】xoBlosの製品体験
セミナー潜入レポート

xoBlosセミナー会場のエントランス

多くの社会人がムダと感じる業務「事務処理」と「資料作成」の業務効率化ツール「xoBlos(ゾブロス)」のハンズオンセミナーに潜入。「来て、見て、触って」初めてわかる真の効果とは…?

レポートを見る