Dropbox

Dropboxでできること

Dropbox概要
引用元:Dropbox公式サイト
https://www.dropbox.com/

プロジェクトに関するコンテンツをすべて1カ所にまとめて、必要な情報を即座に見つけ出せます。ファイルをはじめ、クラウド上のコンテンツやウェブショートカットを、Dropboxからアクセスすることで、プロジェクトをスムーズに進めることが可能です。

また、デスクトップアプリ、モバイルアプリ、ウェブなど、自身のスタイルに合わせ、気軽にファイルへのアクセスを可能にしています。これは、Dropboxが、分散型で高信頼性のインフラ全体を複数のセキュリティ対策で保護されるように設計しているためです。

ツールの特徴まとめ

引用元:youtube
https://www.youtube.com/watch?v=4C4f7USXYKw

保存したファイルは、パソコン、スマートフォン、タブレットなど、あらゆるデバイスからのアクセスが可能です。ファイルに加えた変更箇所は、アカウント全体に同期されます。Dropboxを使えば、Microsoft OfficeやAdobe Acrobatなどクラウド上のあらゆるコンテンツを、整理されたⅠつの場所から活用できます。

Dropboxの機能を使用した管理はシンプルです。Dropbox Paperを使うことで、ミーティング議事録作成やプロジェクトの概要確認など、メンバーとの協同作業やコンテンツ共有が簡単にできます。たとえば、メンバーをマインドマップドキュメントに招待して、アイデアを練り上げる過程をメンバーに確認してもらいます。さらに、共同編集権限を持つメンバーからは、アイデアに対してコメントをもらい、タグ付けしたメンバーにそのコメントを通知します。このような、リアルタイムでのアイデア提案とそのフィールドバックも簡単に行えます。

ユーザーがコンテンツを管理する上で、「共有の権限の割当」「ダウンロードの制限」「共有リンクのパスワード保護とその有効期限の設定」などの、可視性設定機能を提供しています。一方、Dropboxは、ファイルを安全に管理するために、サーバー間でのファイル転送、暗号化処理によるファイル保護、ファイルの復元やファイル履歴の保管などを行っています。さらに、インフラストラクチャとアプリに対して、厳格なセキュリティテストを定期的に行い、脆弱性の特定と修正をしています。

[セミナーレポート]
RPAの弱点を補う業務改善ツール
xoBlos(ゾブロス)とは

開発会社について

ツール名にもなっている「Dropbox」は、2007年に創業した会社です。煩雑な作業をいかに効率化し、スマートな働き方をデザインできるツールを作ることを使命とし、世界初のスマートワークスペースとして「Dropbox」を世に送り出しています。

Dropboxの評判

口コミは見つかりませんでした。

業務の「削れる」ムダを効率化させる4つの業務効率化ツール
事務処理・資料作成を効率化
Excel業務効率化ツール「xoBlos」

データの分解・集計・マッチングを行うツールで、エクセルで行う業務のほぼすべてをシンプルな記述で効率化できる。定期セミナーも毎週開催。

一括集計で月120時間削減
公式HPで導入事例を見る

電話で問い合わせる
(DITマーケティングサービス)
受付時間:平日9時-18時

社内ミーティングを効率化
会議支援端末+専用アプリ「Eco Meeting」

タブレット向けの専用アプリ導入で資料のペーパーレス化や意思決定をアプリ上で行える。 MTG進行のムダをツールでカバー。

産学官のケースが豊富
公式HPで導入事例を見る

電話で問い合わせる
(株式会社エステック)

研修を効率化
マニュアル作成ツール「Dojo」

「誰が作っても高品質」を目指したマニュアル作成のプラットフォーム。eラーニングへの転換も自由。

年間320時間を削減
公式HPで導入事例を見る

電話で問い合わせる
(株式会社テンダ)
受付時間:平日9時-18時

メール処理を効率化
業務向けチャットツール「chatwork」

チャット機能を利用したコミュニケーションツール。真の業務改善効果は電話やメールよりもコミュニケーションのハードルが下がる点。

個人利用から全社導入へ
公式HPで導入事例を見る

Excel効率化ツール
【PR】xoBlosの製品体験
セミナー潜入レポート

xoBlosセミナー会場のエントランス

多くの社会人がムダと感じる業務「事務処理」と「資料作成」の業務効率化ツール「xoBlos(ゾブロス)」のハンズオンセミナーに潜入。「来て、見て、触って」初めてわかる真の効果とは…?

レポートを見る