業務効率化ツールボックス » エクセル業務効率化特集 » エクセル業務改善の手法

エクセル業務改善の手法

わかっているつもりでわからない
エクセル業務改善に関する3つのキーワード

エクセルにおける「マクロ」

マクロとは表やグラフ作成、データ集計といったエクセル上の作業を自動化させるための機能のことを言います。作業手順をプログラム化することで繰り返しの操作などをマクロに任せれば業務改善が可能になります。

マクロを使いこなすための「VBA」

VBAはVisual Basic for Applications(ビジュアル・ベーシック・フォア・アプリケーション)の略でマイクロソフトOfficeでの処理を自動化するためのプログラミング言語です。エクセルのマクロ機能を構成する言語であるためマクロを使いこなすためにはVBAの知識が必要です。

RPAとは

Robotic Process Automation(ロボティック・プロセス・オートメーション)の略で、ロボットによるプロセス自動化という意味です。サーバーやクラウド上で動き、RPAに作業手順を記憶させることで業務改善ができ、プログラミング知識が無くても利用できます。

マクロ、VBA、RPAそれぞれの違いまとめ

キャラクターアイコン

マクロはエクセルの作業を自動化するもので、VBAはマクロを動作させるためのプログラミング言語ですのでエクセル上での業務効率化という点では同義です。またパワーポイントやワードにもVBAがあるためトOffice内での連携が可能です。

RPAは作業を自動化できる部分は共通ですが、Office以外のアプリケーションとも連携できる点がマクロ(VBA)とは違います。但しネットワークに繋がる環境ではセキュリテ対策が必要です。

業務改善につなげるその他のソリューション

その他の業務改善のソリューションとしてはエクセル作業をWebシステムに置き換えるという考え方の脱Excelツールがあります。また、エクセルから離れて業務そのものを根本的に見直すセミナー参加も解決方法の一つです。

また脱Excelではなくエクセル業務を軽減させるためのツールを利用する考え方もあります。これまでの業務の流れで完全にエクセルは断ち切れないという場合にはマクロ以外の業務改善手法として有効です。

まとめ:使い慣れたエクセルを業務から切り離すことは可能か

キャラクターアイコン

脱Excelを目指しても定着しないことも多く、脱Excelツールでもエクセル業務は残してもよいという説明がよく見受けられます。結局、エクセルを切り離すことができないならエクセル業務の改善を検討すべきでしょう。

業務の「削れる」ムダを効率化させる4つの業務効率化ツール
事務処理・資料作成を効率化
Excel業務効率化ツール「xoBlos」

データの分解・集計・マッチングを行うツールで、エクセルで行う業務のほぼすべてをシンプルな記述で効率化できる。定期セミナーも毎週開催。

一括集計で月120時間削減
公式HPで導入事例を見る

電話で問い合わせる
(DITマーケティングサービス)
受付時間:平日9時-18時

社内ミーティングを効率化
会議支援端末+専用アプリ「Eco Meeting」

タブレット向けの専用アプリ導入で資料のペーパーレス化や意思決定をアプリ上で行える。 MTG進行のムダをツールでカバー。

産学官のケースが豊富
公式HPで導入事例を見る

電話で問い合わせる
(株式会社エステック)

研修を効率化
マニュアル作成ツール「Dojo」

「誰が作っても高品質」を目指したマニュアル作成のプラットフォーム。eラーニングへの転換も自由。

年間320時間を削減
公式HPで導入事例を見る

電話で問い合わせる
(株式会社テンダ)
受付時間:平日9時-18時

メール処理を効率化
業務向けチャットツール「chatwork」

チャット機能を利用したコミュニケーションツール。真の業務改善効果は電話やメールよりもコミュニケーションのハードルが下がる点。

個人利用から全社導入へ
公式HPで導入事例を見る

Excel効率化ツール
【PR】xoBlosの製品体験
セミナー潜入レポート

xoBlosセミナー会場のエントランス

多くの社会人がムダと感じる業務「事務処理」と「資料作成」の業務効率化ツール「xoBlos(ゾブロス)」のハンズオンセミナーに潜入。「来て、見て、触って」初めてわかる真の効果とは…?

レポートを見る